銀河学校2021募集要項(オンライン開催)

NPO法人Science Stationは高校生向けの天文学観測研究実習「銀河学校」を毎年開催しています。銀河学校では、木曽観測所の口径105cmの望遠鏡を用いて天体の観測を行い、得られたデータを解析することで天文研究を体験することができます。天文に関する基礎知識は必要ありません。天文が大好きな方はもちろん、天文が初めてという方も大歓迎しています。

例年の銀河学校は、全国から参加者を募り木曽観測所での合宿形式で開催しています。しかしながら、本年は未だ新型コロナウイルス感染症の感染拡大が終息する兆しが見えず、全国からの参加者が食事や宿泊を伴って合宿を行うことは困難だと判断致しました。このような状況下でも天文学の研究を体験する機会をなくさないため、オンラインで銀河学校2021を開催致します。

銀河学校2021ポスター
銀河学校2021ポスター

目次

銀河学校2021(第24回銀河学校)募集概要

2021年3月にオンライン開催する「銀河学校2021」の参加者を募集します。宇宙や科学に興味を持つみなさんの参加をお待ちしております。

  • 日程:2021年3月26日(金)~29日(月)
    • 3月26日(金):10時~21時予定
    • 3月27日(土)~3/29日(月):9~17時予定
    • 途中に休憩時間をはさみます。時間は多少変更になる場合があります。
  • 実施方法:ウェブ会議システムZoomを用いたオンライン開催
  • 実習内容:木曽105cmシュミット望遠鏡を使った観測と研究
  • 対象:高校1~3年生 20名程度
  • 参加費用:無料。ただし、以下に記載するパソコン・ネットワーク環境が必要になります。
  • 応募方法:以下の課題を作成して、ウェブフォームにある必要事項・アンケートを記入して提出してください。
    • 課題:以下2つのテーマについて、合わせてちょうどA4用紙1ページでまとめてください。
      1. 銀河学校参加の動機
      2. 宇宙について研究してみたいこととその理由
    • 提出方法ウェブフォームに必要事項・アンケートを記入し、課題をまとめたA4ファイルを添付してください。
      • ウェブフォームURL:https://formok.com/f/ndekzv9d
    • 応募者多数の場合は抽選を行います。結果は2月中旬に応募者全員に通知いたします。
  • 応募締切:2021年1月31日(日)
  • 問い合わせ先
    • 住所:〒181-0015
         東京都三鷹市大沢2-21-1
         東京大学 天文学教育研究センター 銀河学校係
    • TEL(平日昼間):0422-34-5027(天文センター)
         または 0264-52-3360(木曽観測所)
    • E-mail:ggakko@sciencestation.jp

必要となるパソコン・ネットワーク環境

オンライン開催のため、以下の環境が必要となります。

  1. Windowsパソコン
    画像解析ソフト「Makali'i」を使用するため、「Windows」のパソコンが必要になります(※1)
  2. 通話を行うための機器と場所
    ウェブ会議システムZoomでやりとりするため、音声通話のできる機器と、通話できる場所が必要になります。通話するための機器は、パソコン(Windows or Mac)やタブレット・スマホ(Android or iOS)でマイクとスピーカーのついているものがあれば大丈夫です。画像解析で使用するWindowsパソコンと同一でも問題ありません。
  3. インターネット環境
    ウェブ会議システムで長時間インターネットに接続するため、通信量無制限のネットワークが必要です(※1)
  4. (※1) Windowsパソコンや通信量無制限のネットワークがない場合、レンタルサービス(有料)をご案内します。
     レンタルサービスの例:

過去の活動報告書

こちらをご覧ください。とりわけ、オンラインで開催した銀河学校2020の報告書をご参照ください。

参加者の活動体験記

こちらをご覧ください。オンラインで開催した銀河学校2020の体験記もご覧になれます。


銀河学校は、子どもゆめ基金の助成を受けて開催されています。